脳梗塞を早期発見あるいは対策するための予防医学

脳梗塞を早期発見あるいは対策するための予防医学

高齢化社会が進み、医療費負担も増加する一方で、予防医学の非常な大事性が認識されてきている。
予防医学とは、病気にならない身体作りや、万が一病気になっていても早い時期に発見し適切な治療を実践することで重症化を防ぐという要素も含まれている。

 

現在、日本人の死亡原因の上位に位置している脳卒中。
これは脳卒中が起こりやすい高齢者が増加していることも理由の1つである。
脳卒中には脳梗塞、くも膜下出血、脳出血が有るが、中でも脳梗塞は脳卒中全体のおよそ7から8割の人が罹っているそうである。

 

脳梗塞は突然発症してしまう病気というイメージを所有している人もいるかと思うが、そうではない。
脳梗塞の危険因子となる肥満や高脂血症、そして糖尿病などは、生活習慣または慣例に関係している。
生活習慣または慣例を見直し修正することでこれらの危険因子を取り除き、検査を受けて早い時期に脳梗塞の可能性を発見することで、未然に防げる病気なのである。

 

脳梗塞の早い時期での発見には、脳ドックが適切と言われる。
健康保険が適用されないため、費用は高くかかるが(5から10万レベル)、脳梗塞だけでなく脳腫瘍、脳動脈瘤、認知症の発見も可能だそうである。
検査には半日から1日を要する。
脳梗塞の予防のために、40歳を経過したら、糖尿病や高血圧などの症状がある人には特に、受けてみてはどうだろうか。
病気に襲われてから苦労するより、生活習慣または慣例の修正や早期発見あるいは対策、早い時期での治療のための検査を受けることに力を注ごう。

page top