ビタミン・ミネラルの活動について

ビタミン・ミネラルの活動について

ミネラルの種類であるカルシウムを身体の中で代謝させるにはビタミンDというビタミンが必要である。
このビタミンDは日光を浴びることにより生成されるもので、これが無いとカルシウムは体内で何の活動もできなくなるので、結果骨の形成にも繋がらないと言う事になる。
であるからカルシウムを働かせるにはビタミンDとマグネシウムも必要となるのである。
次にビタミンCを摂取することについてであるが、ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、その上に骨組織を作っている。
であるからビタミンCを摂取していれば骨、皮膚、粘膜など身体に肝心な部分が丈夫になるという利点が出てくるのである。

 

ホルモンの分泌を良くするためには「ヨウ素」という栄養素が必要である。
この栄養素は海草に気のせいか多く含まれているので摂取しやすいかと思う。
また、子供の成長期に特に必要なのはビタミンAという栄養素である。
ビタミンAは細胞組織を異常なく発育させ、成長の手助けをするので、子供の成長には欠かせない栄養素となる。
身体の作りから言って、添加物のたくさん入っているような食べ物を食べると、身体は異物を追い出そうとしてビタミンやミネラルを大量に消費してしまう。
そうなると不足していろんな症状を生じさせてしまう。
特にお子様だと成長の妨げになる可能性も有るので、なるべく添加物が多い食品なんかはやめ、ストレスまたはフラストレーションもなるだけ発散させるようにしていくことがより良い成長に繋がるのではないかと思う。

page top