<花粉症の食事治療>ヨーグルト

<花粉症の食事治療>ヨーグルト

ヨーグルトを口にすると花粉症の症状を緩和(かんわ)するのに効果があるとされている。
近年ヨーグルトの花粉症への効果がテレビで特集された事により話のネタになった。
ヨーグルトをそのまま取るのもよし、お料理にアレンジしてもよしヨーグルトで実践する食事治療は花粉症に適切である。

 

なぜヨーグルトが花粉症に効果があるかと云うと、ヨーグルトに含有されている乳酸菌の働きで人間の腸内にある細菌釣り合いをアレンジする事ができるのだ。
腸内環境をアレンジする事で、腸内の膜が丈夫になって花粉症にも対抗出きると云うものである。
またヨーグルトの中にはメチル化カテキンと云って強力にアレルギーを制御する効果がある物質が含有されている。
このメチル化カテキンをおおく包括するものとして他には「凍頂鳥龍茶」がある。
通常の烏龍茶を呑み込むよりもこの「凍頂鳥龍茶」を飲みつづける方が花粉症に効果があるとされるのはこのためである。

 

腸内環境をアレンジして、IgE抗体の働きを抑制して花粉症の症状がでないようにするのである。
その為には1日に200gのヨーグルトを口にする必要がある。
現状日本には何百種類と云うヨーグルトが実在している。
しかし食事治療としてヨーグルトを口にして効果を待望する為には、毎日食べつづける事が必要である。
1日おきもしくは週に何回か口にしたレベルではだめである。

 

ヨーグルトを毎日買い付けるのがたいへんな人は、家庭で造れるヨーグルトの素等を買い付けるとべんりである。
ヨーグルト以外にも乳酸菌を直に取るとサプリメント等でも花粉症に効果があるそうである。
自身の生活スタイルにあったヨーグルトを取り入れて毎日取るようにして欲しい。

page top