精神安定剤とレキソタンを服用する際の注意点

精神安定剤とレキソタンを服用する際の注意点

レキソタンと云う精神安定剤を服用する際には注意する事が有る。
まず初めは服用出きないケースであるが、急性の緑内障を起こしている人、重傷の筋無力症の人は服用出きない。
また高齢の方が服用するケースの場合には副作用が重くでるケースの場合が有る為、量を少量から服用しはじめる事が必要となる。
また心臓病や肝臓病、脳に病気が有る人等、既に病院で診察を受けている人は、事前にドクターの診察を受けてから服用する必要が有る。

 

 

レキソタンを服用する際、他に服用している薬が無いか注意する必要が有る。
他の精神安定剤を服用しているケースの場合、機能がつよく出すぎたり副作用がつよく出すぎたりする可能性が有るので注意すべきだろう。
またアルコールにかんしては副作用がつよくでる可能性が有るので控えた方が良いだろう。
レキソタンを服用する際、妊娠中の方、授乳中の人は出きれば服用を控えた方が良いとおもわれるが、どうしても必要なケースの場合はドクターと絶対と対話をした上で服用する必要が有る。
更に精神安定剤を服用する際には、薬だけに当てにして治そうとするのではなく、充分に休養を取ったり、リフレッシュして気持ちを変えたり、生活環境をアレンジしていく事も併せて必要だとおもわれる。

 

 

服用を初めて観て症状が改善風潮になってきたら、ドクターと対話をして少しずつ量を減らしていったり薬を機能が弱い物に変えていったりする様に吟味していき、安全に服用していく事が精神安定剤のただしい服用の仕方じゃないだろうか。

page top