ワキガ手術の皮下組織削除法

ワキガ手術の皮下組織削除法

「皮下組織削除法」と云うワキガ手術の方法にかんして解説する。
この手術法のケースの場合、皮下組織のアポクリン汗腺だけではなく、エクリン汗線や皮脂腺を全部取る事ができるのだ。
手術の方法としては、ワキの下を1センチレベル切開して剃刃とローラーがついている特殊な器具を使用して皮膚を挟んでシフトさせて皮下組織を除去していくのだ。
器具ははさみのような形をしていて、剃刃側を切開部分から皮膚の中に入れて外部からローラーで皮膚を挟むようにして使いる。
ローラーの方で皮膚表面を押さえながら転がしていき、皮下脂肪と真皮を均一の厚みで切り取っていくのである。
この方法で皮下組織を1ミリの厚さまで均一に削る事ができるのだ。
ワキガ治療の中でもこの皮下組織削除法は治療効果が高い手術法であると云われている。
その上エクリン腺も一緒に取る事が出きる為、多汗症の人にも効果が待望できるのだ。
他のワキ毛を完璧に排除してしまう手術法とはちがい、この皮下組織削除法ではあるレベルのワキ毛を残す事が出きる為、男性にもおすすめの手術法である。

 

皮下組織削除法では特殊な器具を使い手術をする。
その為経験豊富で器具操作に慣れているドクターに手術を依頼したほうが良いとおもわれる。
また皮下組織削除法の短所として、入院を要する事である。
入院は通常3日から4日レベルである。
1週間から10日くらいの間ワキの下を固定しておく必要もある。
そしてメスでの傷跡は小さいのであるが、ローラーを転がして皮下組織を取っていくので皮膚が薄くなって色素沈着を起こすケースの場合がある事である。
皮下組織削除法で1回に治療出きる範囲は狭いものである。
その為ワキの下全体の治療を実践するには数か所切開しなければならない。
よって手術後の傷が目立ってしまう。
治療効果が高いのであるがこういった具合に短所も何種類か実在している。

page top